ブログ

天体からのお知らせ

2013年11月1日 金星が東方最大離角(光度-4.4等)

宵の空にて、新たに誓う共振するエネルギー。
個々のミトコンドリアの感覚を取り戻して行く流れに向かう。

 

2013年11月2日 太陽と水星が最接近

太陽と水星のエネルギーがひとつに共振して行く。
個々にオリジナルミトコンドリアへの思いを確認。

 

 

2013年11月3日 新月 (北大西洋からアフリカ中央部方面で金環皆既日食)

太陽と月がひとつのエネルギーとなり、新たな共振へ。
太陽、月、地球の3のエネルギーがひとつに統合。3日という日に整う流れ。

※金環皆既日食(ハイブリッド日食)は、中心食帯の始端と終端近くで金環食。それ以外のエリアでは皆既日食となる珍しい現象。太陽と月がほぼ同じサイズにて重なる時にだけ発生する現象。日本時間21時50分頃より。

 

 

2013年11月5日 おうし座南流星群が極大

オリオンからシリウス、ユニコーンのエネルギーの浄化。
広範囲にエネルギーを調整。冬に向けての準備。

(出現期間10月15日~11月30日)

 

2013年11月6日 月の距離が最近、最南

南北の磁場エネルギーの調整を強化。
地軸のゆらぎの大きな調整。

 

 

2013年11月7日 立冬

次なる天順に向けての準備。
冬支度と共に、春に意識を向ける時。

 

 

2013年11月10日 水星が留

個々のミトコンドリアに意識を向けるタイミング。
水星に同調しながら、次なる流れをキャッチする。

 

2013年11月12日 おうし座北流星群が極大

冬に向かい、過去の大きな清算となる。
シリウス、プレアデスの残骸清算。

(出現期間10月15日~11月30日)

 

2013年11月14日 海王星が留

太陽系全体のエネルギーを調整して行く。
未来に意識を向ける事を忘れない様に。

 

2013年11月16日 クリステンセン彗星が近日点を通過

流星群と共に彗星により、太陽系のクリーニング。
未来への流れを加速して行く。

 

2013年11月18日 満月、しし座流星群が極大

月と共に大きな浄化となって行く。
共振するエネルギーをダイレクトにキャッチする日。

(出現期間11月5日~11月25日)

※アイソン彗星がスピカに接近する日でもあり、しし座流星群、おとめ座スピカ、月、アイソン彗星による大きな流れの変化。

 

2013年11月20日 月が最北

流星群の浄化と共に、月による南北の軸調整。
個々の主軸も同時に調整をして行く。

 

2013年11月22日 小雪

北風の邪気払いのスタート。
四季のエネルギーのひとつを取り戻す。

 

2013年11月24日 明け方の天体ショー

明け方の東天にて水星、土星、アイソン彗星、エンケ彗星が接近。
未来に向かう夜明けの時。

 

2013年11月26日 水星と土星が最接近

太陽と共にあるエネルギー。
自らのミトコンドリアに意識を向ける。

 

2013年11月28日 月が火星の南を通る

リラ衛星ムーンと火星担当のマルデゥークがひとつに。
防衛のエネルギーの強化。

 

2013年11月29日 アイソン彗星が近日点を通過

太陽系の新たな磁場エネルギーに。
新たな浄化と調整作用に向かう。