ブログ

天体からのお知らせ

2014年1月1日 新月、元旦

どこまでも自分を信じる事。
偽りの無い純粋な心を忘れない事。

 

2014年1月4日 地球が近日点通過、しぶんぎ座流星群が極大(前後3日程度の出現)

新たな太陽との共振が始まる日。
りゅう座周囲から北辰へのエリアの磁場強化。

 

2014年1月6日 クリステンセン彗星が近日点通過

新たな息吹のエネルギーに意識を向けて行く。
首都のエネルギーも本来に戻る流れに向かう。

 

2014年1月8日 上弦の半月

月の遠心力が増す。
地球の自転軸の時間調整と加速へ。

 

2014年1月10日 スペースウォッチ彗星が近日点通過

太陽の時間軸の調整。
大きな流れと共に太陽と地球の共振エネルギーとなる。

 

2014年1月11日 金星が内合(-4等級)

金星がしばらく、明け方の調整となって行く。
エネルギーの乱れの微調整から始まる。

 

2014年1月13日 月が2014年で最北

月の遠心力が加速。
北辰との強い共振。

 

2014年1月14日 ギブス彗星が近日点通過(14日から15日にかけて)

個々において、微細なエネルギーを逃さない。
通り過ぎた過去の清算も行うタイミング。

 

 

2014年1月16日 今年最小の満月

月の遠心力が最大となる。
地球との大きな磁場エネルギー調整が続く。

 

 

2014年1月20日 大寒

ひとつの区切りとなる日。
春に向けての準備をスタート。

 

 

2014年1月22日 ボァッティーニ彗星が近日点通過

現時点での太陽エネルギーの活性化に向けての調整最終段階。
太陽表層磁場エネルギーの調整。

 

 

2014年1月24日 下弦の半月

月の遠心力のエネルギーと地球の磁場エネルギーが共振。
個々の魂レベルの調整も同時に行う。

 

 

2014年1月28日 月が2014年で最南

地球の南北の地軸エネルギーの調整。
ルシファークローン御霊の主軸の基礎調整。

 

 

2014年1月30日 月の距離が最近

月の遠心力エネルギーによる地球の核の調整。
地球の時間がさらに加速して行く。

 
2014年1月31日 新月

月の遠心力の大きなエネルギー調整が完了。
地球の磁場エネルギーは調整が続く。

 

 

 

※当記事、画像も含めて引用、改変、転用、転載の一切を禁止します。すべて著作権は日本スピリチュアルヒーリング協会にあります。